\ 年に1度のブラックフライデーセール! /

TP-Link Wi-Fi 6中継機RE700Xレビュー!3000Mbpsクラスのもはや高速Wi-Fiルーター

RE700X
  • URLをコピーしました!
ゴーゴーシンゴおすすめのお得情報

対象者限定Amazon music Unlimitedが3ヶ月無料(1億曲以上聞き放題)

12/26までAmazonの聞く読書が2ヶ月無料+100ポイント

Kindle Unlimited 2ヶ月99円|本や雑誌が読み放題

チェック

Wi-Fiルーターを10台以上使っているシンゴです(@go5shingo

普通のWi-Fiルーターを使っていて困るのが電波の弱い部分ができること。

例え一人暮らしと言えどもお風呂場やトイレでもスマホを使いたい、スマホ中毒にとっては死活問題です(笑)

そんなWi-Fiルーターの電波の悩みを改善するのが中継機です。

TP-Link中継機RE700XはWi-Fi6で超高速通信が可能。

5GHz帯2402Mbps、2.4GHz帯574Mbpsと並のWi-Fiルーター以上のスピードを誇ります。

設定もアプリから簡単で簡単に電波の冗長化が可能。

価格は9,800円(Amazon実売価格)とそこそこしますが電波が届かない困りごとが解消されます。

今回はTP-Link Wi-Fi 6中継機RE700Xレビューです。

TP-Link中継機RE700X
総合評価
( 4.5 )
メリット
  • コンパクトなのに高性能
  • 初期設定が簡単
  • 通信速度が速い
  • 簡単に通信エリアが広がる
デメリット
  • 価格はやや高め
  • メッシュWi-Fiと迷う
ゴーゴーシンゴ

中継機でここまでの性能はすごいですよ

目次

中継機ってどんな役割?メッシュWi-Fiとの違い

最初に中継機の役割とメッシュWi-Fiとの違いについて説明をしたい。

中継機の役割とは?

TP-Linkより引用

最初に中継機の役割ですが、Wi-Fiルーターの電波を中継する役割です。

名前の通りですが中継することによって以下のメリットがあります。

中継機のメリット

  • 元のWi-Fiルーターの電波の届く範囲をさらに広げる
  • 基本的に何台でも増設が可能
  • 通信速度は元のWi-Fiルーターの性能に依存

例えばWi-Fiルーターをブリッジモードで繋ぐことによって電波の中継も可能ですが、コストが高くなったり設定が面倒です。

その点中継機なら簡単に電波の範囲を広げることができます。

TP-Linkより引用

TP-LinkのOneMesh™ 対応のルーター+中継器の場合は一つのWi-Fi名だけでシームレスな電波の受信ができるのが特徴。

他社の中継機のようにいちいち接続先を変える作業は不要です。

ゴーゴーシンゴ

一般的な家庭であれば中継機がおすすめ

メッシュWi-Fiとの違いは?

メッシュWi-Fiの説明
メッシュWi-Fiの説明

似てる通信機能としてメッシュWi-Fiがあります。

上の図のようにメインのルーターの他にメッシュ対応のサテライトルーターを設置して網目状に通信環境を構築するシステムです。

デメリットとしてメッシュWi-Fiはコストが高くなりがち

メッシュWi-Fiはどちらかと言うと大規模なネットワーク構築に向いております。

よく使われているのは空港や大企業のオフィスなど。

個人的な見解ですが、一般的な家庭や小規模なオフィスなら通常のWi-Fi+中継機で問題ありません。

→メッシュWi-Fiのレビュー記事はこちら

TP-Link Wi-Fi 6中継機RE700Xの特徴

中継機としては高性能なデュアルバンド

ここではRE700Xの特徴的な機能を紹介します。

おすすめ機能

  • 160MHzの帯域幅が利用可能
  • ビームフォーミング機能
  • MU-MIMO対応

160MHzの帯域幅が利用可能

TP-Linkより引用

従来の帯域幅(80MHz)の2倍の帯域幅に対応。

図のように車線が2倍に増えるので、接続がより高効率・低遅延になります。

ビームフォーミング機能

ビームフォーミング機能図解
ビームフォーミング

中継機ながらビームフォーミング機能に対応しております。

ビームフォーミング機能によって子機端末の位置に目掛けて電波を集中して送信します。

電波が四方八方に飛ばないので、電波の無駄が少なく減衰が最小限に抑えられます。

MU-MIMO(Multi Input Multi Output)対応

MIMOの図解
MIMO

MIMOに対応しているので複数の端末と同時にデータ通信が可能です。

今の時代、スマホ、タブレット、PC、ゲーム機、スマートスピーカーと数えきれないくらいの端末がWi-Fi接続されております。

MIMOに対応しているので端末が多い方や家族が同時使用でもデータ通信が遅くなる心配はありません。

TP-Link Wi-Fi 6中継機RE700X外観レビュー

RE700X

ここからはRE700Xの外観レビューです。

見た目はホワイトの長方形の形でよく見ると「Vの字」デザインになっております。

左側にはLEDランプが付いており機器の状態を知らせてくれます。

裏側はセキュリティ情報とコンセントになっております。

コンセントと中継機は一体型で取り外しは不可能です。

側面は排熱用に隙間が空いております。

後ほど使用レビューした感想ですが中継機本体は真夏使用時は結構熱くなりました。

側面にはリセットボタン、WPSボタン、1000Mbpsのギガビットポートがあります。

中継機ながら有線LAN接続できるのでデスクトップPCでも使えます。

横幅15センチくらい
Xperia5Ⅲと同じくらい

中継機本体の大きさは非常にコンパクト。

設置場所に困らないくらいの大きさです(寸法:78×36×149 mm)

重さは253gでした。

スマホよりもちょっと重いくらいで簡単に持ち運びできます。

最後に付属品ですが超シンプルです。

中継機本体にかんたん設定ガイドと紙類だけ。

LANケーブルは付属しておりませんので有線接続したい方は注意。

TP-Link Wi-Fi 6中継機RE700X通信速度レビュー

AX4800

ここからはRE700X中継機の通信速度レビューです。

使用回線はSoftbank光のマンションタイプを使用しております。

親機のWi-FiルーターはTP-Link Archer AX4800です(レビューはこちら

時間は深夜の1時半ごろなので通信速度は速めです

距離ですが、Wi-Fiルーターと中継機の距離は約8m離れた距離で通信測定しております。

中継機と機器の距離は約1.5mほどの距離です。

iPhone13mini(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→672Mbps
  • アップロード→369Mbps
  • Ping→7ミリ秒
  • ジッター→1ミリ秒

最初にWi-Fi6対応のiPhone13miniから。

深夜とは言え、驚異の600Mbps超えの通信速度を叩き出しました。

中継機と言えども通信の時間帯が良いとここまでのスピードが出るとはビックリです。

Xperia 5Ⅲ(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→567Mbps
  • アップロード→307Mbps
  • Ping→7ミリ秒
  • ジッター→1ミリ秒

続いてはAndroid機種での測定です。

こちらもWi-Fi6対応機器です。

通信速度はなんと500Mbpsを超えました。

Android機種でも通信速度が落ちたりはしないようです。

iPad Pro11(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→81.28Mbps
  • アップロード→321.79Mbps
  • Ping→ミリ秒

タブレットのiPad Pro11で計測しました。

こちらもWi-Fi6対応ですが、なぜかスピードは遅めです。

通常のWi-Fiルーターでも通信速度が遅めに出る傾向があるので仕方ありませんが、80Mbpsも出れば4K動画鑑賞も含めて快適に視聴できます。

MacBook Pro16(Wi-Fi5)

  • ダウンロード→240Mbps
  • アップロード→370Mbps

最後にMacBook Pro16でも計測しました。

こちらはWi-Fi5までしか対応しておりません。

Wi-Fi6ルーターでも下位互換性があるので問題なく使えます。

通信速度ですが200Mbps以上の速度が出ました。

テレワークやオンライン授業で中継機を使って通信しても全然遅くならないのでおすすめだと感じます。

TP-Link Wi-Fi 6中継機RE700Xの初期設定方法

ここでは簡単ではありますがRE700Xの初期設定方法を紹介します。

基本的にアプリの指示に従っていけば誰でも簡単に設定できます。

TP-Link Tether
TP-Link Tether
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ
STEP
中継機を選び電源をオン
中継機を選び
電源をオン

最初に対応デバイスを選びます(今回は中継機)

中継機の電源をオンにしてしばらくすると電源ランプが青色に点灯します

STEP
中継機のパスワードを設定
パスワードを設定
勝手に設定してくれる
STEP
完了
1分くらいで完了
近すぎる場合は離してと警告される

こんな感じで簡単に設定できるので機械操作が苦手な方でも安心。

もしも設置場所が近すぎるともう少し離れた場所に設置してくださいと表示されるので置く場所にも悩みません。

TP-Link Wi-Fi 6中継機RE700X購入がおすすめな人

RE700X購入がおすすめな人はWi-Fi6ルーターの電波の届く範囲を広げたい方です。

電源タップさえあれば誰でも簡単に設定できるので面倒な設定もありません。

他社のWi-Fiルーターでも使えますが、TP-LinkのOneMesh™ 対応のルーターであればシームレスなWi-Fi環境が構築できるので同社の製品で揃えるのがおすすめです。

RE700Xと組み合わせるWi-Fiルーターのおすすめは?

3000Mbpsクラス以上のWi-Fi6ルーターと組み合わせるのがおすすめです。

おすすめ機種はTP-Link Archer AX53Archer AX55です。

RE700XはWi-Fi5ルーターと組み合わせても大丈夫?

Wi-Fi5ルーターと組み合わせても動作はしますが、Wi-Fiルーターがボトルネックになり性能をフルで発揮できません。Wi-Fi6ルーターで使うのが効果的な機種になります。

RE700Xは他社のWi-Fiルータでも使える?

他社のWi-Fiルーターでも使えますが、接続先を切り替えるたびにSSID(パスワード)入力が必要になります。TP-LinkのOneMesh™ 対応のルーターで揃えるのがおすすめです。

(まとめ)TP-Link Wi-Fi 6中継機RE700Xレビュー

以上がRE700Xのレビューでした。

Wi-Fi6の中継機の実力は凄く、実測で600Mbpsを超える通信速度が出ました。

設定も簡単で簡単でこんなにラクに電波範囲を広げられるなら、はやく導入すれば良かったです。

電波が届かなくて困っている方は導入すると幸せになれますよ

メリット
デメリット
  • コンパクトなのに高性能
  • 初期設定が簡単
  • 通信速度が速い
  • 簡単に通信エリアが広がる
  • 価格はやや高め
  • メッシュWi-Fiと迷う

Amazonでは、プライム会員向けに「プライム会員ならクレジットカードでチャージする0.5%ポイントが貯まる」キャンペーンを実施中。

5,000円以上チャージすると、チャージした金額に応じて0.5%相当のAmazonポイントが付与される。

クーポンコード:F4CP4Y5GRTY7

要エントリー。2022年12月31日までのチャージが対象となる。

RE700X

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よろしければシェアをお願いいたします
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント残してくれるとうれしいです

コメントする

目次