【お願い】ゴーゴーシンゴのブログで指名検索してくださいね!

TP-Link Archer AX20レビュー。一人暮らしなら絶対に選ぶべき無線Wi-Fiルーター

Wi-Fi ガジェット

TP-Link Archer AX20レビュー。一人暮らしなら絶対に選ぶべき無線Wi-Fiルーター

ゴーゴーシンゴ
自宅のWi-Fiスピードを速くしたい。一人暮らしなのでコスパの良いWi-Fiルーターはないの?

 

こんな悩みを解決いたします。

学校の授業もオンラインだったり、会社もテレワークだったりとなにかとネット環境が大事な今日この頃。

5年前に無線Wi-Fiルーターを買ったまま、買い替えなんてしてない方も多いと思います。

無線Wi-Fiにまでまわせるお金がないって気持ちも痛いほどわかります。

 

ただ「1億総オンライン時代」にWi-Fiのスピードが遅いのは致命的。

今回は1万円以下(約7500円 Amazon参考価格)で購入できるTP-Linkから発売されているArcher AX20最新のWi-Fi6ルーターの紹介です

 

こんな方におすすめ

  • 在宅ワークやオンライン授業でWi-Fiが遅くて困っている
  • 一人暮らしなのでWi-Fiにお金をかける余裕がない
  • コスパが良く高性能なWi-Fi6ルーターが欲しい

こんな方にはぴったりの商品です。

ゴーゴーシンゴ
他社を見てもこの性能でこんな安い値段で買えるWi-Fiルーターはありませんよ

TP-Link Archer AX20 公式サイト

*商品はメーカより提供を受けております

 

TP-Link Archer AX20のスペック

規格Wi-Fi 6
IEEE 802.11ax/ac/n/a 5 GHz
IEEE 802.11ax/n/b/g 2.4 GHz
Wi-Fi速度AX1800
5 GHz: 1201 Mbps (802.11ax)
2.4 GHz: 574 Mbps (802.11ax)
Wi-Fi範囲4LDK
4× 高性能固定アンテナ
複数のアンテナが信号を増幅させより多くの方向と広いエリアをカバーしますビームフォーミング
クライアントに無線信号を集中させWi-Fi範囲を拡大します高性能FEM
送信パワーを改善し信号範囲を強化します
Wi-Fi性能デュアルバンド
最適なパフォーマンスを得るためにデバイスを異なる帯域へ割り当てますOFDMA
複数のWi-Fi6対応クライアントと同時に通信しますエアタイムフェアネス
帯域の過度な占有を制限することによりネットワーク効率を向上させます4ストリーム
デバイスをより多くの帯域幅に接続させます
動作モードルーターモード
ブリッジモード
有線ポート1× ギガビットWANポート
4× ギガビットLANポート
USB対応1× USB 2.0 ポート

対応パーティション形式:
NTFS, exFAT, HFS+, FAT32

対応機能:
Apple Time Machine
FTPサーバー
メディアサーバー

Wi-Fi暗号化WPA
WPA2
WPA3
WPA/WPA2-Enterprise (802.1x)

公式サイトより引用

Archer AX20のスペックは上記のとおり。

ここでは特におすすめのポイントを紹介するよ。

 

1 最新のWi-Fi6通信に対応

Archer AX20は最新のWi-Fi6に対応しております。Wi-Fi6=IEEE802.11axのこと

特徴が最大伝送速度が理論値で9.6Gbpsと超高速な点。

 

また5GHz帯と2.4GHz帯2つの電波を出しており、それぞれ特徴が違います。

ココがポイント

  • 5GHz帯→電波は速いけど障害物に弱い短距離型
  • 2.4GHz帯→電波スピードはそこそこで障害物にも強い長距離型

2つの異なる電波特性を組み合わせて、より速く確実に電波を届けます。

Wi-Fi5など古い規格のWi-Fiよりも電波の安定性が上がっております。

 

2 4本のアンテナを搭載で電波をより遠くに

4本のアンテナが電波を遠くに飛ばす

Archer AX20はアンテナを4本搭載しております。

角度も自由自在に変化可能でアンテナから発信された電波をより遠くに・安定して飛ばすことができます。

部屋の構造が複雑な方や壁にはばまれた部屋などでも安心して使うことができます。

 

3 ビームフォーミング機能で機器に目掛けて電波を飛ばす

公式サイトより画像引用

Archer AX20は4本のアンテナにプラスしてさらに凄い機能として「ビームフォーミング機能」があります。

使っている端末に集中して電波を送ることによって接続の安定性がさらに向上します。

Wi-Fiからスマホやパソコンの場所が離れていても、電波が安定的に送られるのでWi-Fiの設置場所に困っている方にも重宝する機能です。

 

4 クアッドコアCPUを搭載で内部処理が速い

Archer AX20に内蔵されているCPUは非常に強力です。

クアッド(4つの)CPUを搭載し、1.5Ghzのクロック周波数を誇ります。

CPUが優秀だと接続が素早くできたり、多数の機器が接続されても処理が素早く行えます。

(安いWi-Fiルーターはシングルコアが多い)

 

5 接続はアプリから超簡単に設定可能

TP-Link Tether

TP-Link Tether
開発元:TP-LINK
無料
posted withアプリーチ

「Wi-Fiの設定なんて難しくてできない」と思うかもしれません。

TP-Link Archer AX20は専用アプリがあるので、設定は超簡単です。

基本的にアプリにしたがって設定すれば良いので、機械に苦手意識がある方でも安心ですよ。

ゴーゴーシンゴ
購入しても設定できないってことはまず無いので安心を!

 

TP-Link Archer AX20の開封レビュー

Archer AX20のパッケージはこんな感じです。

5GHz帯合計1201Mbps、2.4GHz帯574Mbpsのディアルバンド構成。合計1.8Gbpsの帯域があります。

パッケージの通りWi-Fi6とクアッドコアCPUで高速・安定的な接続ができます。

 

箱の上部には見づらいですが推奨利用環境が書かれています。

  • 戸建て→3階建て
  • マンション→4LDK
  • 最大接続数→36台

一人暮らしにおすすめと書きましたが、ぶっちゃけ家族でも余裕で使えます。

Archer AX20を買っておけば間違いないと思います。

 

Archer AX20は同梱物はシンプルです。

  • 本体
  • 電源アダプター
  • LANケーブル(CAT5e)
  • かんたん設定ガイド
  • SSIDを記載した紙

必要なものは全て揃っております。

ちなみにLANケーブルの長さは約1mでした。

 

Archer AX20のインターフェイスは左からこんな感じになってます。

  • 電源 ON/OFF
  • 2.4GHz無線帯域 ON/OFF
  • 5.0GHz無線帯域 ON/OFF
  • ネット接続 ON/OFF
  • イーサネット LANポート点灯
  • USBポート点灯

使用中は緑色のLEDインジゲーターが点灯します。

もし不具合があった場合には赤色になりますので、状態がひと目で分かるので便利ですよ。

アクセス環境も充実しております。

  • USBポート
  • WANポート(青)
  • LANポート(オレンジ)×4

USBポートがあるのでHDD(ハードディスクドライブ)を接続できます。

特におすすめの運用方法がNASを使う方法。

外出先から写真やファイルにアクセスできるようになるので生活が劇的に便利になりますよ。

 

ネットワーク接続環境についてはギガビット(最大1Gbps)の通信速度に対応しております。

LANポートが4つもあるので、Wi-Fiに対応していないデスクトップPCでも問題なく使用可能です。

多くの光回線が1Gbps対応が多いので、性能を充分に引き出せるかと思います。(NURO光やauひかりなどの超高速回線を除く)

 

Archer AX20は比較的軽いWi-Fiルーターです。

重さは実測値で440gでした。

意外と軽いので掃除の際に移動させるのも楽です。

 

続いて気になる大きさですが、非常にコンパクトな大きさです。

写真はi pad Pro10.5と重ねております(わかりづらいので少し横にズラしてます)

横幅はArcher AX20が少し大きいくらい、高さはアンテナ抜きだとipadよりも小さいくらいです。

設置場所が狭い一人暮らしの家には小さいのでメリットが大きいですよ

寸法は 横260.2mm× 奥行き135.0mm×高さ 38.6mm

 

最後に便利なのが縦置きできる点。

別売りのパーツを使っても良いですし、壁にこんな感じで立てても倒れたりしませんでした。

横置きだとスペースが気になる方には、縦置きがおすすめ。

安定性を求めるなら、縦置きパーツを購入した方がいいですよ。

 

TP-Link Archer AX20のスピードテスト結果

ここでは、Archer AX20のスピードテスト結果を紹介します。

最初に結論ですが、速度は爆速でした。

*回線はauひかりのホームタイプを使用しております(最大1Gbps)

 

iPhone12 Pro(Wi-Fi6)

  • ダウンロード→362Mbps
  • アップロード→245Mbps
  • Ping→5ミリ秒
  • ジッター→1.2ミリ秒

最初にWi-Fi6に対応したiPhone12 Proから。

下りで300Mbps超えの超爆速でした。

時間も混み合う深夜23時過ぎです。

回線状況にもよりますが、Wi-Fiルーターがボトルネックになることは一切なさそうでした

 

i pad Pro 10.5(Wi-Fi5)

  • ダウンロード→294Mbps
  • アップロード→522Mbps

続いてWi-Fi5での検証です。

Wi-Fi6のルーターはWi-Fi5などの下位の規格とも互換性があります。

ダウンロードも300Mbps近く、アップロードはWi-Fi6機器よりも速い結果となりました。

個人的にApple製品との互換性はかなり良いと感じました

 

MacBook Pro16(Wi-Fi5)

  • ダウンロード→340Mbps
  • アップロード→510Mbps

最後にMacBook Pro16で計測。

普通に爆速でした。

このスピードまで出ればzoomやTeemsなどのWEB会議やオンライン授業でも快適に使えますよ

 

TP-Link Archer AX20レビューまとめ

以上が、Archer AX20レビューまとめでした。

あらためてメリットを書いておきますね。

ココがおすすめ

  • 最新のWi-Fi6対応
  • 4本のアンテナとビームフォーミングで電波をより遠くに飛ばす
  • クアッドコアCPUでWi-Fi内部の処理スピードが速い
  • 設定もアプリから簡単
  • 実際の接続スピードも文句なしのスピード
  • 価格も1万円以下

使った感想は、ぶっちゃけ一人暮らしはもちろん家族でもこれで充分だと感じました

 

あえてデメリットを挙げるとしたら、最大接続台数が36台なので大家族ではキツイかもしれません。

接続機器が多い方はより上位機種の、Archer AX4800AX73を検討すれば良いと思います。

 

最後にTP-Link社のWi-Fi6ルーターは1万円以下ではシェアNo.1だそうです。

実際に使って感じてもこれは売れると感じました。

Wi-Fiルーター選びで失敗したくない方にはArcher AX20はベストチョイスになると思います

TP-Link Archer AX20 公式サイト

ゴーゴーシンゴ
以上、ゴーゴーシンゴでした。
関連記事
TP-Link Archer AX4800 レビュー!AX73との比較やメリットを紹介

続きを見る

【在宅ワークのプロがおすすめ】TP-Link Archer AX73レビュー

続きを見る

TP-Link Deco X60 レビュー!メッシュWi-Fiは一人暮らしでもおすすめ

続きを見る

お得に買いたい方へ

Amazonで1円でもお得に買い物するなら

Amazonの通貨でもあるAmazonギフト券の購入チャージをおすすめします。

現金でチャージするたびチャージ額 x 最大2.5%分のポイントがもらえます。

Amazonプライム会員30日間無料登録なら使わないと損しますよ!

                 

まとめてチャージがお得

Amazonギフト券にチャージする

今すぐ申し込む

初回1000ポイントキャンペーン開催中

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ゴーゴーシンゴ

ゴーゴーシンゴのブログ編集長 ▷カメラとガジェット、スマホ大好きなWebライター ▷ライター専門のオンライン講座「Writing Hacks」卒業生 ▷ブログ実績 Amazon単月売り上げ 91万 WEBの稼ぎ方と本当に使って良かった物だけを紹介するブログ ガジェットのレビュー依頼受付中です(お問い合わせください)

-Wi-Fi, ガジェット
-